• G+
Vol7.

Vol7. 「DIN」とはカーナビのサイズを表す言葉です



「持っている自動車にカーナビを取り付けてみよう」、「新しく発売された製品に買い換えてみよう」と考えて、カタログを見たり量販店に行って商品案内を眺めたりしていると、それらに「DIN」という言葉が書かれているのを目にすることが多いと思います。この言葉はカーナビやカーオーディオのサイズを表す略称で、「Dサイズ」と書かれていることもありますね。もともとは、自動車用のラジオのサイズを表すのに使われていた、ドイツの工業規格の略称で、詳しい寸法は横幅が180mm、高さが50mmで奥行については特に定められていません。「2DIN」と書かれていれば1DINを縦に2つ重ねたサイズになりますので、横幅が180mmで高さが100mmであることを表しています。日本の自動車だと2DINサイズまで対応している自動車が多いのですが、最近では「ワイドサイズ」といって、横幅が200mmのサイズになっている自動車や車種専用のサイズになっている自動車も登場しています。ヨーロッパなどの外国車だと1DINサイズに対応していることが多いですね。市販されているカーナビは2DINサイズのものがポピュラーで、買い取りでも中心になっています。車種専用の製品やワイドサイズの製品は発売されてからあまり時間が経っていないことや取り付けできる自動車が限られていることから、買い取りではあまり見かけません。2DINサイズの製品なら取り付けできる自動車が多く、中古市場でも人気がありますから、買い取りで高い査定が付くことが多いですね。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのカーナビ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ